アキレスソトダンSUパネル

  • TOP
  • アキレスソトダンSUパネル

アキレスRC外断熱シリーズ

アキレスソトダンSUパネル

型枠兼用外断熱パネル打ち込み工法
【発売地域】  関東(静岡県含む)、甲信越及び東北地方

アキレスソトダンSUパネル

アキレスソトダンSUパネルの特長

型枠兼用打込み工法により工期短縮

型枠兼用打込みパネルなので工程数が削減されます。

型枠用合板を使用しません

パネル自体が型枠になるので打込み後撤去することなく、外装下地材としてそのまま使用できます。

残材が大幅に減少します

現場毎の割付加工納入により、現場で発生する残材を最小限に抑えます。

環境に優しい

型枠合板を使用しないので木質資源を削減することができます。

多様な外装仕上げに対応

通気層を設けることにより、外装材の選択の幅を大幅に広げました。塗装仕上げだけでなく、弾性接着剤によるタイル張り仕上げができます。

アキレスソトダンSUパネルの製品仕様

(単位mm)

標準パネル
ソトダン規格表面材
出隅コーナーパネル
出隅コーナーパネル
通気層形状
通気層形状
先付けアンカーボルト・ナット
ジョイントプレート ジョイントプレート 厚さ

長さ
1.5
25
124
先付けアンカーボルト
先付けアンカーボルト W5/16
長さ
厚さ共通

100
先付けアンカーナット
先付けアンカーナット W5/16  

アキレスソトダンの特長と物性へ


アキレスソトダンSUパネルの施工手順

アキレスソトダンSUパネルの施行手順

SUパネルの固定
1.セパレーター部固定
セパレーター部固定
2.パネル間固定
パネル間固定
●セパレーター部の断熱コンをアンカーとして、躯体連結ビスを使い物理固定を計ります。

・1m2当たり4本以上確保する
●パネル間を繋ぐジョイントプレート取付け部にステンレス製先付けアンカーボルトをコンクリート内に埋め込むことで物理固定を計ります。

・12当たり2本以上確保する
・タイル施工時はタイル重量により使用本数が変動します

アキレスソトダン外装仕上げ例へ

このページトップへ▲